TOP >>  マグロ部位で選ぶ|マグロなら福坊 >>  マグロ 赤身|マグロなら福坊



ミナミマグロ 天身(てんみ)
天然南まぐろ(ミナミマグロ) 
天然ミナミマグロは、弊社が自信を持っておすすめする商品です。静岡県焼津市は「焼津と言ったら南マグロ」と言えるほどミナミマグロが有名です。ミナミマグロは一般ではあまり出回ることがないマグロで、目鉢鮪や黄肌鮪よりワンランクもツーランクも上のマグロです。漁場が遠い事や年間の搬入量が制限されているため、価格が高いマグロです南まぐろは「甘み」が特徴で、私が初めて南まぐろを食べた時、「こんなに甘いんだ!」と感動したことを今でも忘れません。
入社して初めてミナミマグロという種類を知ったわけですが、それまではマグロに種類があることすら知らなくて「ホンマグロとそれ以外」程度の知識しかございませんでした。マグロの種類と味を覚えた頃、「クロマグロ(本マグロ)よりミナミマグロの方が甘いのにどうしてホンマグロが有名なのか?」と思うようになりました。
この南マグロの美味しさをより多くの皆様、全国の皆様へ知っていただいたい!!と思うようになり、今では焼津からお取り寄せが可能となりました。スーパーや量販店ではあまり見かけない理由は、安定供給ができないからです。美味しい物をみなさんにお取り寄せしていただきたいという思いです。価格が先ではなく、本当に美味しい物をご提供したい。そんな思いで今日もセリに参加します。


ミナミマグロ 天身(てんみ)とは?

ミナミマグロ 天身とは
ミナミマグロの天身(てんみ、テンミ)とは、まぐろの背骨の周りにある身で、まぐろの一番中心部に近い身です。最大の特徴は筋が少ない事です。マグロのブロックをカットする際に、テンパネという加工を行う場合があります。主に脂ののったマグロを、赤身側と脂側で分けてカットします。この赤身側が天身(てんみ)、脂側とカワラと呼びます。カワラ側にはわかれ身という筋が含まれますが、天身(テンミ)には筋はほどんどないです。筋がないことから割烹料理や寿司屋などで珍重される部位で、一般ではあまり流通しません。焼津船元まぐろ家福坊は、プロに納品している希少な部位「天身(てんみ)」を直接皆様方へ販売することが可能です。是非ミナミマグロの天身(てんみ)をお取り寄せしてみませんか?




ミナミマグロ(南鮪)とは?

ミナミマグロとは
天然ミナミマグロの多くは、静岡県で水揚げされます。水揚げされたミナミマグロの多くは築地魚市場へ出荷されますが、ミナミマグロの40kg以下の小さいサイズは静岡県焼津市にある焼津魚市場に出荷されます。40kg以上のミナミマグロは築地。40kg以下は焼津魚市場という感じです。ミナミマグロはホンマグロと肩を並べる程人気で、地元焼津では南まぐろしか仕入れない寿司屋も存在します。プロも認めるミナミマグロを弊社では水揚げからセリ落札など、最も川上で流通させています。品質を定める目利きはもちろん、価格も業務価格でのご提供も可能です。
ミナミマグロの最大の特徴はなんといっても「甘み」。ホンマグロが一番美味しいと思われがちですが、本鮪は「渋み」が特徴です。渋みと甘み。好みが分かれる所ではございますが、お子様からお年寄りまでの万人受けするのはミナミマグロです。主な漁場は南アフリカ沖、オーストラリア南部、ニュージーランドなど、地球の南緯に生息しています。比較的水温が低い漁場に生息しているため、身にしまりがあり、脂がのりやすいです。口の中へ入れた瞬間のとろけるような食感は美味そのもの。近年はこの美味しさのため乱獲が心配されていて、国内搬入量や漁獲制限があるまぐろで、希少性が高いまぐろとして知られています。





【会員様特価】天然南マグロ(ミナミマグロ)天身(てんみ)500g
商品コード:850080191

【会員様特価】天然南マグロ(ミナミマグロ)天身(てんみ)500g


商品詳細

内 容 量 天然南まぐろ天身(訳あり)500g
原 産 地 国産又は台湾又は韓国(インド洋、太平洋)
原材料名 天然南鮪
賞味期限 配送日から冷凍10日
保存方法 -18℃以下で保存
備 考 訳ありのため血栓・サイズ不均一等の訳がございます。ご注意ください。
・天身は色目が濃い部位です。色が薄いお刺身がお好みのの方はご注意ください。




販売価格 3,980円(税込)
ポイント 40ポイント進呈
送料込
ご購入数量
(在庫数 6 個)
 返品については こちら

この商品へのお問い合わせ
お友達にメールですすめる
お気に入り商品
レビューを書く


この商品のレビュー